ズッキーニとパプリカのケークサレ/Zucchini Paprika Cake salé

「ケークサレ」はフランス発祥のおかずケーキ。見た目はパウンドケーキのようですが、塩味のするケーキです。
中身の具材を工夫することでアレンジが自由自在。朝ごはんにもぴったりです。
今回はズッキーニとパプリカを使い、彩りが綺麗なケークサレに仕上げました。
そのほかにも、ブロッコリー、ジャガイモ、ほうれん草、そら豆、ベーコン、ハム、オリーブなども美味しいですよ!

材料(パウンド型1個分)

  • ズッキーニ … 半分
  • パプリカ赤 … 半分
  • 塩胡椒 … 適量
  • 薄力粉 … 200g
  • ベーキングパウダー … 6g
  • サワークリーム … 120g
  • 牛乳 … 80g
  • 卵 … 3個
  • 砂糖 … 小さじ2と2分の1
  • 塩 … 小さじ2分の1
  • 胡椒 … 適量
  • オリーブオイル … 50g
  • パルメザンチーズ … 適量

オーブンを180℃に予熱する。
パウンド型にクッキングペーパーを敷く。

ズッキーニ、パプリカは1cm角に切る。
フライパンにオリーブオイル(分量外)をひいて炒める。しんなりしたら塩胡椒をふる。

ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れて泡立て器でぐるぐると混ぜる。(振るったのと同じ効果があります。)
サワークリーム、牛乳、卵、砂糖、塩、胡椒を加えて混ぜる。

混ざったら炒めたズッキーニとパプリカを入れて混ぜる。
クッキングシートを敷いたパウンド型に生地を流し入れる。上からたっぷりパルメザンチーズをすりおろす。

180℃に予熱したオーブンで25〜30分程度焼く。

爪楊枝などをさしてみて、生地がついてこなければ「ズッキーニとパプリカののケークサレ」の完成!

つくるときのポイント

  • サワークリームをヨーグルトに変えて作ることができます。サワークリームの方がもっちりとして、ヨーグルトだとあっさりと仕上がります。
  • 2、3日ほど保存ができます。冷凍も可能です。粗熱が取れたら密閉容器またはラップで包んで保存してください。
  • 他の野菜でアレンジするときは、今回のレシピのように一度炒めたり加熱しておくと失敗しません。