揚げナスとビーツと大豆の五目煮/Simmered Beetroot and Soy

五目煮の『五目』とは5種類という意味ではなく、『たくさんの』という意味を持っています。
よくある五目煮は大豆の他に人参、こんにゃく、ごぼうなどの根菜が定番ですが、今回はその代わりに、海外でよく手に入る野菜の一つビーツを使用しました。

ビーツはカブと似ていますが、カブがアブラナ科なのに対してビーツはヒユ科なので異なる仲間です。ヒユ科にはほうれん草などがあります。
「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養が豊富な野菜で、リン、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラル、ビタミンB群、葉酸、ビタミンA、C、E、などのビタミン、そして食物繊維も豊富に含まれています。
さらにNOと呼ばれる一酸化窒素が含まれています。NOは血管の筋肉を柔軟にすることで、血液の流れを良くする働きをもっています。

洋食材として日本ではあまり馴染みのない食材ですが、煮物にしても美味しいですよ。
ビーツ料理の新しいレパートリーとして、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4人分)

  • ビーツ … 2個
  • 大豆 … 150g
  • 高野豆腐 … 50g
  • 昆布 … 10×10cmを2枚
  • 干し椎茸 … 4個
  • 醤油A … 大さじ3
  • 砂糖A … 大さじ1
  • 水 … 500ml
  • ナス … 1本
  • 醤油B … 大さじ2
  • 砂糖B … 大さじ1
  • 揚げ用油 … 適量
  • 小ネギや青じそ … トッピング用

大豆は一晩水につけ、柔らかくなるまで1時間程度茹でまたは蒸す。(水煮を使用してもOK)
昆布、干し椎茸、水を鍋に入れて戻す。戻ったら昆布と干し椎茸を取り出し1cm角に切る。(戻し汁は使用します。)

ビーツ、高野豆腐は1cm角に切る。

戻し汁が入った①の鍋に食材を全て入れる。醤油A、砂糖Aを加えて柔らかくなるまで弱火で煮込む。

ナスは1cm角に切る。
別の鍋に揚げ用油を入れ、高めの温度で揚げる。揚がったら一旦取り出してキッチンペーパーなどで油をきる。

鍋の油を拭き取り、醤油B、砂糖Bを加えてとろみがつくまで煮詰める。揚げたナスを戻し入れ、絡める。

煮詰めた②にナスを和え、刻んだ青じそや小ネギを散らして「揚げなすとビーツと大豆の五目煮」の完成!

つくるときのポイント

  • ナスは高めの温度で揚げることで余分な油を吸わせずに揚げることができます。
  • 作り置きできます。冷蔵庫で3日間保存が可能です。