【1】アンナのキッチンが生まれるまで。

ドイツ在住の料理研究家・海外生活アドバイザー アンナのキッチンこと、田中杏菜です^^

 

私は2015年、夫の海外赴任がきっかけで入籍し、その春にドイツに移住しました。
 

ドイツで生活をしていくなかで

「アンナのキッチン~手作りごはんのある暮らし~」

というテーマが心の中に浮かび、

これまでSNSやブログを通じてお料理やレシピの発信をしてきました。

 

 

 

日本とは異なる食材や調味料を使わなければならない、海外での毎日の食事作り。

 

スーパーに行ったとき、キッチンに立ったとき、

少しでもお役に立てるようなアイディアや、楽しく感じていただけるようなレシピを発信していくことで

海外でのお料理について困っている方を助けたい。

 

ブログ、お料理教室、ワークショップ、ママごはん・・・

アンナのキッチンの活動を通じて、

「お料理って楽しいな」「手作りのごはんって素敵だな」と思ってもらいたい。

そんな想いを軸に活動をしてきました。

 

もうすぐで海外生活も5年目を迎えるいま、

伝えていきたいメッセージがこの軸を中心に

また少しずつ変化しているように感じています。

 

 

それはブログやインスタグラムのプロフィールをご覧くださった方はお気づきかもしれないのですが

「海外生活」「食卓から始めるマインドシフト」

というテーマに集約しています。

 

海外生活や駐在生活、留学生活など、

それぞれの理由で海外に移住した、もしくはこれから移住することになり抱えている不安や悩み・・・

 

孤独や劣等感によって、

ドイツに来たばかりの当時の私のように、

なんとか自分らしさを失くさないようにともがきながら海外生活を過ごしている方がいる。

 

その気持ちに寄り添って、一人でも多くの方が前向きな海外生活を送れるようになってほしい。

 

その手助けができないだろうか。

 

と思うようになったのです。

 

そして、私の人生を救ってくれた「お料理」は、きっとそのツールの一つになる。

そんな想いが込められています。

 

しかし、いつもお料理の投稿などをご覧くださっている方にとっては

「アンナのキッチンって初めて聞いたけど?」

「そもそもなんで料理なの?」

と思われると思います。

 

お料理教室に参加して下さった方からも

「日本にいた頃もお料理教室などをされていたのですか?」というご質問をよくいただきます。

 

そこでまずは私が

ドイツに来てからどんなことに悩んでいたのか

ドイツに来るまでに何を経験し、何を学んだのか

今、どのように海外生活を前向きに過ごせるようになったのか

 

そしてこれからは

海外生活に悩んでいる方へそれらをどんな形で還元していくのか

 

について何回かに分けて書かせていただこうと思います。

 

お付き合いいただけたら幸いです^^

 

駐在生活の不安を解消して 前向きに生きる『食卓から始めるマインドシフト』

ドイツ在住 料理研究家・海外生活アドバイザー アンナ