ニシンの南蛮漬け/Fried Fish Marinated In Sour Sauce

お酢の代わりにオーガニックの白ワインビネガーを使ったら、とっても美味しく仕上がった南蛮漬けです。
野菜は事前に加熱しなくても、浸す漬け汁の熱で食べる頃にはしんなりして玉ねぎの辛みもぬけています。暑い季節には冷やしていただくのもおすすめです。

材料(4人分)

  • ニシン … 2匹
  • パプリカ赤、緑 … 各半分
  • にんじん … 1本
  • 玉ねぎ(大) … 2分の1
  • A白ワインビネガー … 50ml
  • A水 … 50ml
  • A醤油 … 大さじ3
  • A砂糖 … 大さじ1と小さじ1

野菜はすべてできるだけ細切りにする。

ニシンは三枚におろし、皮をはぐ。食べやすい大きさ(一切れを四等分程度)に切る。

ニシンに薄力粉を薄くまぶす。

揚げ用油を熱し、中温程度でカラッと揚げる。

切っておいた野菜を容器に入れ、その上に揚げたてのニシンをのせる。

フライパンにAを入れて煮立てる。たれを熱いまま上から回しかける。(※容器の耐熱温度に注意してくださいね!)
一晩置いて野菜がしんなりしたら「ニシンの南蛮漬け」の完成!

つくるときのポイント

  • 野菜は厚みをそろえるように切ると食べるときに歯ざわりがいいです。厚みが太すぎると生状態になってしまうので、できるだけ薄く切ります。
  • 揚げたてのニシンや熱いたれをかけることで野菜をしんなりさせます。
  • 作り置きできます。冷蔵庫で3日間保存ができます。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です