家庭料理セミナー 詳細

独学、自己流の料理から卒業したい
ご飯を作るときにレシピを見ないと作れない
レパートリーの少なさが悩み
料理は好きだけれどマンネリしている。
「何を作ろう?」と毎日のように悩んでいる

時間をかけずに簡単に品数を増やしたい
海外生活の慣れない食材に困っている
子供や旦那さまの好き嫌いをなくしてもっと楽しく料理がしたい!

料理に関して、こんな悩みをお持ちではないですか?


この料理セミナーは、講師が厳選したオリジナルの資料を使いながら、

料理上達に不可欠な【料理の基本、知識】を効率よく学んでいただけるセミナーとなっております。

レパートリーを増やしてマンネリを打破したい!
レシピを見ずに料理が作れるようになりたい!
料理の効率を良くして時短で料理した!
料理をもっと楽しみたい!
自己流料理を卒業し、料理を上達させたい!

という料理に対するあなたの想いを叶えます。

理系大学院で生物学について学び
大手食品メーカー勤務
ドイツ駐在5年間
現在調理師学校にてプロの料理技術を取得している
料理研究家/料理コーチが

科学的な側面から
正しい理論に基づいた料理の基礎知識と
積み重ねた経験に基づいて

毎日のごはん作りですぐに活かせて、
あなたの家庭料理が上達する方法をお伝えします。

オンライン、マンツーマンの家庭料理のスキルに特化したセミナーです。

【教材の内容】


第1章 家庭料理セミナーについて

▶︎1-1 家庭料理セミナーとは?
▶︎1-2 どうすれば「理想の献立」が作れる?


第2章 料理をするときに大切な食品衛生学

▶︎2-1 食中毒の原因となる細菌とその特徴
▶︎2-2 食中毒を防ぐために大切なこと


第3章 料理の基本、メニュー考案のテクニック

▶3-1 買い出しのときのコツ
▶3-2 献立を考えるときのスタートライン
▶3-3 調理法のバリエーション
▶3-4 時短、効率よく作るためのテクニック
▶3-5 和洋中の味付けのバリエーション
▶3-6 食材別!彩りのバリエーション
▶3-7 西洋の食材で和食らしさを出すテクニック
▶3-8 おもてなしの前菜を上手に作るコツ


第4章 おかずの「作りおき」について

▶4-1 作りおきをするときの容器と特徴
▶4-2 容器の消毒の仕方
▶4-3 作りおきおかずを作るときに気をつけること
▶4-4 生のお肉やお魚の漬け保存について
▶4-5 作り置きに向いている食材、向いていない食材


<特別付録1>実践しよう!家庭料理がスキルアップする基本とコツ

<肉・魚部門>
▶︎鮭は赤身?白身?
▶︎鶏肉の皮、はがしてませんか?
<野菜部門>
▶︎せん切りしたキャベツをシャキシャキにするには?
▶︎大根を下茹でするときは何で茹でる良い?
▶︎ほうれん草や小松菜、青梗菜を色鮮やかに仕上げるには?
▶︎ゴボウの皮は何で洗う?
▶︎じゃがいもを潰す、裏ごしするときは、冷めてから?熱いうちに?
▶︎里芋を手がかゆくならずにむく方法は?
<味付け部門>
▶︎薄口醤油と濃口醤油、塩味がより強いのはどっち?
▶︎「さしすせそ」の順で調味料を加えると良いのはなぜ?
▶︎煮物の醤油はいつ加えるのが正解?
<その他>
▶︎卵焼きをふんわり仕上げるには?
▶︎こんにゃくに味をよく染み込ませるには?
▶︎高野豆腐を戻すときのお湯の温度は?
▶︎おから、ひじき、切り干し大根を煮る前にすることは?


<特別付録2>すぐに使えるレシピ集(海外でも作れる!)

●ミニハンバーグとゴボウのトマト煮込み
●鶏そぼろ
●鶏つくね入りのスープ
●キーマカレー
●魯肉飯(ルーローファン)
●ビーツのサラダ
●ロールキャベツ
●しそとウインナーとチーズの春巻き

以上です。

(所要時間):約2時間(60分×2回)※パーソナル料理相談(15分)を含みます。


(受講費):4,000円(税込)

※テキスト代は受講費に含まれます。
※現在はオンライン受講のみです。