自宅料理サロンアンナのキッチン 主催者メッセージ

自宅料理サロン アンナのキッチンへようこそ!
アンナのキッチンは2015年にドイツで生まれた、様々な料理活動をしているプロジェクトです。
2020年1月に本帰国し東京都日野市に移転しました。

家族や子供、そしてときに自分のために作る「作りおきおかず」のことをアンナのキッチンでは「ママごはん」と呼んでいます。

”作りおきおかずを手早くバリエーション豊かに美味しく安全に趣味のように楽しく作りたい”
そんなママ、プレママ(妊婦さん)、そして忙しい女性たちが持つ様々なご要望を叶えるための料理教室やセミナーを開講しております。

ドイツに住んでいた頃、妊婦さんやご出産直後のママたちやそのご家族、そして単身赴任の方々へ作りおきおかず「ママごはん」をお作りしてきました。この活動を始めるきっかけとなったのは、ドイツで一人目のお子様を妊娠したお友達の一言からでした。

「出産前後に母(両親)がドイツに来られる予定がなくて、食事を作れるかが心配なんだ。もしよかったら代わりに旦那と私の分のご飯を作ってくれないかな?」

それまで考えもしなかったことでしたが「ぜひやらせてほしい」とお返事をしました。
”これからママになる彼女のために作るごはん、そしてご彼女のお母さんの代わりに作るごはん。”

 つまり「ごはん of the ママ for the ママ(ママが作るママのためのごはん)」そんな意味を込めてこの作りおきおかずは「ママごはん」と名付けられ、一週間分の作りおきおかずをパッケージとしてたくさんの方に届けられていきました。

和食のお惣菜や宅配はもちろん、お米も簡単には手に入らない海外生活でした。
様々なご要望、各ご家庭によって異なる事情があり、好みがあり、目的があり・・・その一つ一つの経験がママごはんを大きく成長させてくれました。

そして今感じるのです。

料理や買い出しをする時間を取るのが難しいのは、何も海外に住んでいるママだけじゃない。料理や食事に何らかの悩みがある方みんなが ”手早くバリエーション豊かに、美味しく安全に、趣味のように楽しく” 作りおきおかずを作ることができたら、豊かな食卓が世界中に少しずつ増えていくのではないかと。

この講座を通じてこれまでの学びや知識、技術やノウハウの全てをお伝えすることで、皆さまがご自宅で作りおきおかず=ママごはんを作り、活用し、ご家庭の食卓が少しでも豊かになっていくお手伝いができればと思っております。

自宅料理サロン アンナのキッチン代表 田中 杏菜