インゲンの胡麻和え/Green beans With Sesame Sauce

和食の定番、インゲンの胡麻和え。普段のおかずやお弁当に、彩りがほしいときに大活躍する一品です。
練りごま(ドイツ語ではTahin)を加えることで全体にコクがでます。白胡麻と黒胡麻の割合はお好みで作ってみて下さいね。

材料(4人分)

  • インゲン(サヤインゲン) … 400g
  • 白胡麻 … 大さじ2
  • 黒胡麻 … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1
  • 練りごま … 大さじ1

インゲンはヘタの部分を切り、2㎝程度の幅に切る。沸騰したお湯に塩を一つまみ加え、3~5分程度茹でる。(少々歯ごたえが残るくらいがちょうど良い茹で加減です。)
茹で上がったらすぐに冷水にとり、冷やす。

白胡麻と黒胡麻はすり鉢でする。容器にAを入れて混ぜる。

インゲンの水気を良く切り、たれと混ぜ合わせたら「インゲンの胡麻和え」の完成!

つくるときのポイント

  • インゲンは茹でた後すぐに冷水にとることでクロロフィルが定着し、鮮やかな緑色を維持することができます。
  • 胡麻は直前ですりおろすことで香りが立ちます。
  • 作り置きできます。冷蔵庫で3日間保存ができます。